北朝鮮から過去に何度も
ミサイルが発射されていますが、

ミサイル発射のテレビ中継に
関する映像をまとめました。


[北朝鮮ミサイル発射中継映像] 3月18日 弾道ミサイル


3月18日朝に日本海に向けて発射された
弾道ミサイルについての中継映像です。
(ANNnewsCH)

飛距離約800キロの弾道ミサイルについて
概況や背景について中継されています。




(中継映像概要)

北朝鮮では3月10日に飛距離500キロ
の弾道ミサイルを発射したばかりですが

今回は飛距離800キロの弾道ミサイルを
発射しました。


金第一書記が今週核弾頭を搭載できる
ミサイル発射実験の早期実施を指示した
ばかりですが、

金第一書記はこれを言葉だけに終わらず
実践していくことをみせつける狙いがある
と思われています。

今回発射されたのは移動式発射台を
使った中距離弾道ミサイル「ノドン」
と思われます。


今回の発射は米韓軍事演習への反発と
みられる一方で、5月に行われる36年ぶり
の朝鮮労働党大会へ向けて

金第一書記による成果を積み重ねる
思惑もあるようです。




[北朝鮮ミサイル発射中継映像] 3月10日 短距離弾道ミサイル


3月10日早朝に日本海に向けて発射された
短距離弾道ミサイルについての中継映像です。



(中継映像概要)

韓国国防省によれば
短距離弾道ミサイルは午前5時20分ごろ
北朝鮮南部の黄海(ファンヘ)北道から
2発発射されました。

ミサイルは約500キロ飛び
元山(ウォンサン)から北東方向の
日本海上へ落下した模様。


韓国では3月7日から過去最大規模で
アメリカ軍との合同軍事演習が実施
されており、これに強く反発した動き
とみられます。


日本政府はNSC国家安全保守会議を
開き対応を協議しました。

また、航空機や船舶の安全確保の
観点から極めて問題のある行為とし、

北京の外交ルートを通じて北朝鮮へ
抗議しました。


[北朝鮮ミサイル発射中継映像] 2月7日 長距離弾道ミサイル時のJアラート


2月7日北朝鮮ミサイルが沖縄方向へ
向かって発射された直後のJアラート
の臨時速報中継映像です。



(中継映像概要)

番組の途中ですが、
ここでニュースをお知らせします。

政府はさきほど北朝鮮からミサイルが
発射された模様ですと発表しました。

続報が入り次第、お知らせします。

対象の地域は沖縄県です。

この情報はJアラート、全国瞬時警報
システムを通じて、政府が発表した
ものです。


ここで、エムネット緊急情報ネット
ワークシステムでも情報が入りました。

さきほど北朝鮮からミサイルが
沖縄県地方の方向へ発射されました。

続報が入り次第、お知らせします。

発射の情報です。

発射時刻は9時31分頃、発射場所は
北朝鮮の西岸、発射方向は南、沖縄県
地方の方向、発射数は1発です。


自衛隊などの情報を元に政府は
人工衛星を通じて自治体などへ情報を
伝えるJアラート、全国瞬時警報シス
テムで沖縄県向け情報を発表しました。


万が一、日本の上空を通過する場合、
発射からおよそ10分かかると見られますが、

今の時点で日本の上空を通過するか
どうかについて発表はありません。


NHKの映像からは
航空自衛隊の迎撃ミサイルPAC3が配備
されている東京防衛省周辺、
埼玉県朝霞訓練場周辺、千葉県習志野
演習場の周辺、沖縄本島の那覇基地周辺、
沖縄県石垣島、宮古島では、それぞれ
特異な動きは確認できません。


(動画6:49)
中国と北朝鮮との国境付近の映像が
入ってきています。

画面の下から上へ向かって
光っている物体が上に向かっている
様子が確認できました。

(動画9:03)
安倍首相の会見模様
「北朝鮮に対し、繰り返し自制を
求めてきたにもかかわらず、ミサイル
発射を強硬したことは断じて容認
できません。
「国際社会と連携して毅然と対応
してまいります。」

(動画9:55)
エムネットから新しい情報が入りました。

通過の情報です。
9:41頃、沖縄県地方から太平洋へ通過した
と推定される。なお、破壊措置の実施は
なし、とのことです。


[北朝鮮ミサイル発射中継映像] 2月7日 長距離弾道ミサイルの北朝鮮発表


2月7日北朝鮮が発射したミサイル
について、北朝鮮が発射時の映像
を公開しました。



(中継映像概要)

北朝鮮の女性キャスターによる説明です。

金第一書記が発射を眺める映像や
事前にミサイルを見学し触る映像が
あります。

(動画2:28)
ミサイル発射風景。多方面からの
映像があります。

(動画3:33)
北朝鮮の人工衛星から地球を見下ろした
映像があります。


[北朝鮮ミサイル発射中継映像] 2月7日 長距離弾道ミサイル 韓国国境付近


2月7日北朝鮮が発射したミサイル
に対して、韓国と北朝鮮の国境付近
からの中継映像です。
(ANNnewsCH)



(中継映像概要)

3つに見えるクレーンの先の山の奥が
トンチャンリの方角です。
先ほど強い光を放った物体を確認しました。
恐らくロケットだと思われます。

ぐんぐん高度を上げていき、ほぼ垂直に
上がって行きました。肉眼でも確認する
ことができました。

ロケット雲がつらなっています。

雲ひとつない快晴です。風もほとんど吹いて
いません。

ミサイル基地から50km離れていますが、
ミサイル発射の条件が天候的にもそろって
いたのかもしれません。



「北朝鮮ミサイル発射中継映像] まとめ


北朝鮮から発射された最近の
テレビ中継映像を集めました。

今後もミサイル中継が報道されましたら
記事を更新したいきたいと思います。