ミサイル発射速報「Jアラート」のアプリで
サイレンが鳴ったらどうしますか?

北朝鮮との緊張が急激に高まる中、
ミサイル発射速報を知ることは極めて重要です。

北朝鮮ミサイルは10分以内に日本へ到達します
他人事ではないです、すぐ逃げてください。

ここでは「Jアラート」アプリのご紹介と
警報サイレンが鳴った時どうすべきかをまとめました。



スポンサーリンク

ミサイル発射速報「Jアラート」のアプリとは?



iPhoneアプリ名は「Yahoo!防災速報」です。

他のアプリと同様にApp Storeからダウンロードできます。


アンドロイド(Android)アプリ名も同様に
Yahoo!防災速報」です。

こちらも他のアプリ同様に
Google Play ストアからダウンロードできます



このアプリですが、
iPhone版、アンドロイド版共に機能は同じです。

Jアラート「全国瞬時警報システム」としての
ミサイル関連情報(国民保護情報:Jアラート)
の速報
がすぐわかります。

また、緊急地震津波情報、一般災害情報の
洪水、火山、豪雨、土砂災害についても
速報が得られるアプリです。


iPhone、アンドロイドの通常のスマホアプリ
ですので、通知設定をしておきましょう。
何かあればすぐ画面通知します。


内閣官房 国民保護ポータルサイトでは

Docomo、au、ソフトバンクの携帯電話へは
緊急時にエリアメール・緊急速報メールが
配信されると告知されています。


しかし、何らかのメールトラブルに備えて
このアプリがあればより安心です。


ミサイル発射速報「Jアラート」アプリが鳴ったらどうする?


J-ALERT(全国瞬時警報システム)
実際の放送例です。

事前にチェックしておきましょう。



このようにJアラートが発動したら、
どうすれば良いかですが、

屋外にいる場合
近くの頑丈な建物や地下
(地下街や地下駅舎などの地下施設)
への避難する。



屋内にいる場合
窓から離れ、
できれば窓のない部屋へ移動します。


(内閣官房 国民保護ポータルサイト)

スポンサーリンク

発射速報アプリでミサイル標的場所を確認する


北朝鮮ミサイル「ノドン」では1300キロの
射程距離があり、日本全国が射程範囲に入ります。

日本国内のどこでも狙われる可能性があります。


ミサイル発射の標的場所ですが、
専門家に聞いたところでは、

都心、米軍基地(三沢基地)、原子力発電所

というコメントがありました。


つまり、都心にいても、
地方(原子力発電所や米軍基地付近)でも
油断は一切できません。


北朝鮮からのミサイル発射速報を気にして
いざというとき、アプリが騒がしくなったら
すぐ避難できるように備えておきましょう。


北朝鮮からミサイルは本当に発射されるの?いつ発射されるの?


北朝鮮からの頻繁な威嚇に対抗し、
アメリカ海軍 原子力空母カール・ビンソンや
ロナルド・レーガンが日本海に配備されています。

2017年6月1日には海上自衛隊と航空自衛隊と
共同訓練をしています。

北朝鮮にとっては極めて強いプレッシャーです

北朝鮮はこれに反発して、
日本へミサイル発射するかもしれません。

いつ発射されるかは予測できません。

(共同訓練写真)(手前70番)米空母カール・ビンソン、(日本国旗)海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」、(奥76番)米空母ロナルド・レーガン



そもそも Jアラート速報とは


Jアラートとは、
正式名称「全国瞬時警報システム」
で、

国が住民などに緊急情報を瞬時に伝達する
ために2007年から始まったシステムです。


Jアラートが発動すると
市町村の防災行政無線から屋外スピーカー
を通して警報が流れ、また、携帯電話に
エリアメール・緊急速報メールが配信されます。


北朝鮮ミサイル関連では、
 2016年の弾道ミサイル発射
 2012年の弾道ミサイル発射
にて、Jアラートから発動しました。

(内閣官房 国民保護ポータルサイト)


以上です。
今後も北朝鮮ミサイル発射速報には
十分に注意しておきたいと思います。

スポンサーリンク