北朝鮮は2016年2月7日に
長距離弾頭ミサイル発射しました。


北朝鮮は今まで何度もミサイル
を発射していますが、それぞれ
独特の名前がつけられています。


今回のミサイルの名前は

 光明星(クァンミョンソン)

です。
ミサイル本体にこの3文字が
書かれています。

衛星「光明星4号」が搭載されて
いるとのことです。

北朝鮮がミサイル発射、日米韓は強く非難 緊急安保理開催へ


北朝鮮の過去のミサイルの名前を
まとめてみます。


北朝鮮から発射されたミサイルの名前一覧


2016年2月7日発射


ミサイルの名前:
光明星(クァンミョンソン)
 ※ミサイル本体に書かれた名前

搭載衛星の名前:
光明星(クァンミョンソン)4号

東倉里(トンチャンリ)から
南へ向けて


2012年4月14日発射


ミサイルの名前:
銀河(ウンハ)3号
 ※テポドン2号改良型(アメリカでの名称)

搭載衛星の名前:
光明星3号





2013年5月29日発射


ミサイルの名前:
ノドン1号

 江原道元山(ウォンサン)から
 日本海へ向けて


2012年12月発射


ミサイルの名前:
銀河3号

搭載衛星の名前:
光明星3号2号機


2012年4月発射


ミサイルの名前:
銀河3号

搭載衛星の名前:
光明星3号1号機


2009年4月5日発射


ミサイルの名前:
銀河2号

 舞水端里(ムスダンリ)から
 東方へ向けて


2006年7月5日発射


ミサイルの名前:
テポドン2号
 ※他にノドン等で合計7発

 舞水端里(ムスダンリ)や
 キテリョンから
 日本海へ向けて


1998年8月31日発射


ミサイルの名前:
白頭山1号
(ペクトゥサン イルホ)
 ※テポドン1号

搭載衛星の名前:
光明星1号

 大浦洞(テポドン)付近から
 日本海へ向けて


1993年5月29日発射


ミサイルの名前:
「ノドン1号」

 江原道元山(ウォンサン)から
 日本海へ向けて


北朝鮮ミサイルの名前って何?意味や由来は?


北朝鮮から発射されたミサイル
の名前は

白頭山、銀河、光明星
などです。

これらの意味や由来は
次のようです。


白頭山(はくとうさん)

 ※北朝鮮読みはペクトゥサン

中国吉林省と北朝鮮両江道の
国境地帯にある火山の名前です。


銀河(ウンハ)


一般的な 銀河 の意味だと
思われますが、

北朝鮮での「銀」は
金正恩の「恩」と同じ発音です。

金第一書記にちなんで命名され
たのかもしれません。

他に、銀河水管弦楽団などの
楽団名でも使われています。


光明星(クァンミョンソン)


金日成が作詩したとされる
漢詩「光明星誕五十週」の
一節からとられているようです。



北朝鮮情報、ミサイル情報は
謎がまだまだ多く、情報が錯綜
しているようですが、

今後も北朝鮮からミサイルが
発射されたら、名前を確認し
記事を更新していきたいと
思います。